[ 時間デザインセミナー ]

未来をカタチにする言葉
書家と刻む2020年の念い
講師:書家 前田鎌利

メインビジュアル

「経験から学び、自ら望む未来をカタチにする。」をコンセプトに、時間との新しい向き合い方を考える時間デザインでは、昨年に続き、今年も、このコンセプトを実地に体験していただくセミナーを開催します。書家の前田鎌利氏を講師にお迎えし、「未来をカタチにする言葉―書家と刻む2020年の念い」と題して、前田氏の講演をお聞きいただいた後、出席者一人ひとりの新年の目標を、ご自身の2020年の手帳に記していただきます。今年を振り返り、新年のスタートに備えるまたとない機会です。真新しい手帳を手に、是非、日本橋へご参集ください。

日時
2019年12月15日(日)14:00~16:00(13:30開場)
場所
東京日本橋タワー10階(JMAM本社)
地図
ご持参いただくもの
2020年の手帳、2019年の手帳、ご愛用の筆記具(セミナー会場にもご用意いたします)
費用
参加費無料

講師コメント

新元号令和を迎え、2019年を振り返りながら2020年のご自身に念い(おもい)を馳せていただきます。ワークショップを通して2019年を振り返り、2020年への念いを込めて文字を刻んでいただければとおもいます。

講師プロフィール

前田 鎌利 / Kamari Maeda
書家/プレゼンテーションクリエイター、一般社団法人 継未 代表理事、株式会社 固 代表取締役

東京学芸大学 書道科卒業。 Softbank「志高く」JAXA「こうのとり」Jリーグ「絶対突破」、TOYOTA「挑戦」重要文化財 旧小坂邸襖書「花鳥風月」など多数の作品を手がける一方、国宝 彦根城などでのライブパフォーマンスをはじめ海外でも幅広く活躍。 また未来へ日本文化を継いでいく活動として全国で書道塾「継未-TUGUMI-」を主催。700名を超える生徒へ日々書を通じた内観することの重要性を伝えている。