[ 時間デザインセミナー ]

未来をカタチにする言葉
書家と刻む2019年の念い
講師:書家 前田鎌利

メインビジュアル

「経験から学び、自ら望む未来をカタチにする。」をコンセプトに、時間との新しい向き合い方を考える時間デザインでは、この度、このコンセプトを実地に体験していただくセミナーを開催します。書家の前田鎌利氏を講師にお迎えし、「未来をカタチにする言葉―書家と刻む2019年の念い」と題して、前田氏の講演をお聞きいただいた後、出席者一人ひとりの新年の目標を、ご自身の2019年の手帳に記していただきます。今年を振り返り、新年のスタートに備えるまたとない機会です。真新しい手帳を手に、是非、日本橋へご参集ください。

日時
2018年12月16日(日)14:00~15:40(13:30開場)
場所
東京日本橋タワー10階(JMAM本社)
地図
ご持参いただくもの
2019年の手帳、ご愛用の筆記具(セミナー会場にもご用意いたします)
費用
参加費無料

講師コメント

平成最後の年越しに向けて、2018年を振り返りながら2019年のご自身に念い(おもい)を馳せていただきます。2019年への念いを込めて文字を刻んでいただければとおもいます。

講師プロフィール

前田鎌利
書家・プレゼンテーションクリエイター

5歳より書道を始め、東京学芸大学教育学部特別教員育成課程書道科を卒業後、独立書家を経て17年に渡り、通信事業などのITの業界に従事。2010年、ソフトバンクアカデミア第1期生に選考され初年度第1位を獲得。当時のソフトバンク社長・孫正義氏のプレゼンテーション資料作成を担当し、当時のスキルを元にした著書『社内プレゼンの資料作成術』を始めとしたシリーズ3冊は、世界で翻訳され、累計18万部を売り上げるプレゼンのバイブルとなっている。2014年に独立起業し、書道塾「継未-TUGUMI-」を設立。2016年に企業向けにプレゼンテーションの研修などを行う株式会社固を設立。
書家の活動では、Softbank「志高く」JAXA「こうのとり」Jリーグ「絶対突破」、TOYOTA「挑戦」重要文化財 旧小坂邸襖書「花鳥風月」など多数の作品を手がける一方、国宝 彦根城や羽田空港などでのライブパフォーマンスや個展を開催。海外ではLondon UCL Institute of Education「飛翔」、National Museum Cardiff「絆」などのパフォーマンスをはじめ書を通じて日本文化を発信する"Represent Japan TUGUMI"をNY、アジア、ヨーロッパにおいて活動している。
書家としてもプレゼンテーションクリエイターとしても、国内外問わず、活躍の幅を広げている。