人間と時間

#04

メインビジュアル

ゾウの時間 ネズミの時間

哺乳類の心臓は、その「主」の種によらず、20億回打つと止まる。

こんな話が好きな人にぜひ読んでもらいたいのが、サイズという視点から生物に迫る科学読み物の大ベストセラー、『ゾウの時間 ネズミの時間』(本川達雄著 中公新書)だ。

ゾウも、ネズミも、ネコも、一生のうちに拍動する心臓の回数は同じ。この事実は一体何を意味するのだろう。ゾウの寿命は一般的に言って長く、種類によっては100歳近くまで生きる個体もいるらしい。これに対して、ネズミは数年でその一生を終える。ネズミは寿命が短くてかわいそう? はたしてそうだろうか。私たちの使っている物理的な時間でいえば、たしかにネズミは短命だ。しかし、心臓が個々の生き物に埋め込まれた「時計」だとすれば、すべての哺乳類は20億回という平等な「時間」を持っているといえる。だから、

物理的な寿命が短いといったって、一生を生き切った感覚は、存外ゾウもネズミも変わらないのではないか(P6)

とも考えられるわけだ。

さて、言うまでもないことだが、人間もゾウやネズミと同じ哺乳類だ。ということは、これを読んでいるあなたの心臓にも、20億回というリミットがあることになる。これを利用して、試しに残りの寿命を計算してみてはいかがだろう? まずは1分間の脈拍を計り、これに60をかけて1時間の拍動数を求める。それに24をかけ、さらに今まで生きてきた日数(30歳なら10958、40歳なら14610、50歳なら18263)をかけると、あなたの心臓の総拍動数がわかる。20億回まで、あと何回あるだろうか。

意外と少ない、それどころか、すでに20億回を超えている方もいるだろう。この法則によると、人間の寿命はだいたい46歳くらいになるらしい。平均寿命が80歳を超える現代の日本にはたしかに当てはまらないが、織田信長が好んだと言われる舞「敦盛(あつもり)」の一節に、「人間五十年 下天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり」とあるのを見ると、あながちはずれてもいないのではないだろうか。

もうひとつ、本書にあるおもしろい法則をご紹介しよう。単位面積あたりにどれくらいの個体がすんでいるかという「人口密度」は、動物の体重にほぼ反比例するらしい(P51)。つまり、体重が重くなるほど、同種の仲間と出会う機会は少なくなるわけだ。そうしてみると、出会いを求める日本の男性・女性がこぞってダイエットに励むのは、わりと理にかなっているのかもしれない。ただし、過度の運動とドラマチックすぎる出会いには注意が必要だ。心臓の鼓動が早まると、それだけ、リミットが早くやってくる。

関連タグ

この記事をシェア

  • tweetする
  • シェア
INDEX