私の時間デザイン

#04

メインビジュアル

日本ラグビーフットボール協会 岩渕健輔氏綿密なスケジュールと抜かりない準備が
強いチームをつくり上げる
50年先を見据えた、ラグビー日本代表のデザイン

「ラグビー史上最大の番狂わせ」とも言われた、2015年のラグビーワールドカップでの活躍、翌年のリオオリンピックでの健闘など、ラグビー日本代表は、今やスポーツ界の「台風の目」ともいえる存在だ。
躍進する日本代表チームの選手や監督などのスタッフをコーディネートし、勝利へのサクセスロードを設計したのが、当時のジェネラルマネージャーを務めた岩渕健輔氏である。 「強いチームをつくる」岩渕氏の時間デザイン感とは。

岩渕健輔(いわぶち・けんすけ)

日本ラグビーフットボール協会 Team Japan 2020男女7人制日本代表総監督
1975年東京都生まれ。青山学院大在学中に日本代表初選出。卒業後の98年に神戸製鋼入社後、ケンブリッジ大学に留学、2000年にイングランドプレミアシップのサラセンズ入団。その後フランスのコロミエ、7人制日本代表の選手兼コーチなどを経て、2009年に日本協会入り。2012年に日本代表ジェネラルマネージャーに就任、2015年のラグビーワールドカップイングランド大会では、グループリーグで3勝を上げ、翌年のリオ五輪では7人制代表が強豪のニュージーランドを破り4位に入賞するなどの成績を残す。2017年1月、Team Japan 2020男女7人制総監督に就任。現役時代のポジションはスタンドオフ。日本代表通算キャップ20。

強いチームを
つくるプロセスを

デザインする仕事



ゼネラルマネージャー(GM)の仕事とは、どのようなものだったのでしょう。

 端的に言えば、チームづくりのプロセスをデザインする仕事でしょうか。目標の設定やコーチやスタッフの招へい、選手が所属するチームとの調整、さらに合宿や試合の設定や対戦相手の検討など、チームを強くするための設計を担っていました。

 日本代表は男女とも、15人制のチームと「セブンズ(※)」と呼ばれる7人制のチームがあります。私はその4つのチームの強化を手掛けています。

※7人制(セブンズ)ラグビー:グラウンドのサイズもルールも15人制のゲームと実質的に同じだが、1試合7分ハーフで行われ、1日に数試合行い、2日間程度で大会が完結する。国際大会も盛ん。

日本代表の全チームの強化となると、時間がいくらあっても足りなさそうです。

 自分の体は1つしかありませんし、1日に与えられた時間は24時間と決まっています。限られたリソースをどう配分するかを常に考えないといけませんが、各チームに注ぐリソースを均等にするのは得策ではないと判断しています。

 私は2012年にGMに就任しましたが、2015年には男子のラグビーワールドカップ、2016年にはセブンズのオリンピックという、ビッグイベントを控えていました。

 そこで、男子はラグビーワールドカップまでは15人制チームに重点を置き、女子はセブンズに力を注ぐようにしました。15人制とセブンズ、そして男子と女子では性質の違いもありますが、共通項もたくさんあります。まずは男子の15人制と女子のセブンズに力を注いだことで、最終的にどのチームにもまんべんなくよい影響が及んだと思います。

リソースを集中して、核となる知見を得るのですね。

 そのままでは10しかない時間や力量を12、13に増やすには、1つのところに注力して得られた知見を、他に活かす必要があると考えました。

 また、自分の経験だけでチームづくりをデザインしていては、4年間で成果を出すのは難しいと思いました。そして自分が経験していない時間を得るには、他の人の経験を活かすしかありません。そこで、本当にいろいろな人にヒアリングを重ねました。過去の日本代表の先輩方や、他のスポーツの指導者、さらに企業の人にも話を伺い、チームビルディングの在り方を探りました。

20年続く“負けの呪縛”を解く
必要があった

ラグビーというと、やはり2015年のラグビーワールドカップでの活躍が印象的です。どのようにチームづくりを進めたのですか?

 これまでの日本代表は、残念ながら「勝てない」チームでした。それをベスト8まで残るようにするのですから、これまでのやり方を刷新する必要があるだろうと思いました。

 しかし他の国も年々進化していますから、同じことをしていては追いつくことはできません。そこで「世界一」をキーワードに、「日本にしかできない」チームづくりを模索しました。

 「世界一のスタッフ」に、「世界一の強化プログラム」を敷き、さらに「世界一ハードなトレーニング」で「世界一の準備」を重ね、そして「世界一のマインドセット」を図ること。中でも「マインドセット」が最も重要だと感じましたね。

「マインドセット」ですか。

 はい。ラグビーワールドカップは、1987年に始まり、2015年のイングランド大会まで8大会行われていて、日本は全大会に出場していますが、これまで1勝しかしたことがありませんでした。特に、相手に145点を取られて大敗した1995年のニュージーランド戦のインパクトがいつまでも拭えないでいました。選手だけでなくスタッフにも「日本代表は勝てない」というムードが蔓延していたのです。しかし他の試合に目を向ければ、負けても内容の良かったものや、引き分けや僅差の試合もありました。過去の呪縛を解き、マインドセットを転換して「自分たちは勝てる」という心構えを持てるようにする必要がありました。

コーチへの反抗心が、
逆転劇を生んだ

具体的にはどうされたのですか。

 世界一のマインドセットを図るには、「世界一のスタッフ」の力が必要でした。特に現場でチームの強化を図るヘッドコーチには、結果を出せる人材がマストだった。そこで声をかけたのが、エディー・ジョーンズ氏でした。

 ストイックさと柔軟さ、高い指導力を備えた彼は、過去にはオーストラリア代表をラグビーワールドカップで準優勝させた実績もあるし、日本での指導経験も豊富です。4年という短期間でチームを変えるには、ジョーンズ氏がベストだと思いました。

 彼とは、マインドセットについても随分話し合いました。勝てるチームにするには、選手たちが自ら「勝てる」と思えるようになることと、それには行動に主体性を持たせる必要があると、2人の認識は一致しました。

コーチの言うことを聞いているだけではいけないと。

 はい。ただし、勝手気ままに動いていいという意味ではなく、勝つために何をするべきかを自分たちで考えて判断し、行動に移せるかどうかが問われます。またその力を養うには、「勝てる行動とはどういうものか」を体得する必要があります。さらに私たちには、2015年というタイムリミットもあった。

 そこでジョーンズ氏が実践したのが「ハードワーク」です。日本代表が強くなり、競合相手と互角に戦えるように準備をするには、圧倒的な練習量が必要だというわけです。体力もスキルも、メンタルも、ハードな練習を通じて高めていく手法を取りました。

管理型指導ですね。主体性とは真逆の印象があります。

 そうですね。ですが、ただ闇雲にメニューをこなすだけでは意味がありません。いろいろなやり方で考える機会を設けていました。例えば、合宿では朝の5時からトレーニングを始めますが、1回のトレーニングはそれほど長い時間をかけません。1日に4セットほどの練習やミーティングを設定し、その間はトレーニングと同じくらいのインターバルを設けていました。激しいトレーニングに集中して臨めるように、練習と練習の間はしっかりと休息を取ることも、選手の仕事です。ONとOFFのメリハリをつけた1日の過ごし方を、自分でデザインするのです。

 また選手たちの間にリーダーズグループを設けて、彼らが選手たちを率いる仕組みや、バディシステムを採用して、自分たちで練習を振り返ることや次の日の目標設定を行うようにしました。

選手たちは期待に応えることができたのでしょうか。

 ジョーンズ氏は非常に厳しいですし、要求も高い。鬼軍曹という言葉は、彼のためにあるようなものでした。ですから、選手たちの反発があったことも確かです。しかし、勝つチームになるためには猛練習に耐えて、自分たちで考えて行動できるようにならなければならないことを、選手も理解していました。

 選手たちが本当の意味で、主体的に行動できるようになったのは、ラグビーワールドカップの直前ですね。初戦の南アフリカ戦での終了間際の逆転劇が、ジョーンズ氏の指示に従わずに選手たちでプレーを判断したことから生まれたことは、ご存じの方も多いと思います。あれはヘッドコーチのジョーンズ氏への反抗とも言えますが、それは彼自身の望むチームの姿でもありました。