未来百景

ミッション:8ミニッツ

メインビジュアル

「これは時間旅行ではない。時間の再分配だ。」

ある哲学者がいうには、わたしたちは実際には過去しか知覚していない。わたしたちが関わる対象すべてが、なんらかの記憶をまとってしまうからだ。だから現在もまた「過去」なのである。だとすると、幽閉された過去のなかで未来を抉(えぐ)り抜き、未来を知覚しようともがく男の姿が描かれる『ミッション:8ミニッツ』は、奇妙な映画なのかもしれない。

本作品は、「列車が爆破するまでの8分間」と「主人公スティーブンスの実体がある密閉空間」のふたつの場所で展開する。監禁中のこの男は、大量の犠牲者が出た「列車爆破テロ発生直前の8分間」へ戻り、犯人を突き止めるまでループを繰り返すことになる。だが、一筋縄にはいかない。時間SFに特徴的なループ、タイムパラドックスをもちいた既視感のある(まさしく記憶に塗れた)設定から、本作品はどんどん逸脱してゆくのだ。

スティーブンスはなんども過去に転送される。しかし転送先の過去はリアルではない。なぜならそれは、列車爆破テロで犠牲になった死者たちの脳に保存された記憶と残像によって構築した8分間のシミュレーション(ソースコード)だからだ。そのため、再現された世界で彼が人々を爆破から救出したとしても、現実世界の過去は書き換え不可能なのだ。冒頭に掲げたのはこの転送装置を開発した博士の台詞だが、これはまさに時間の儚さとその曖昧さを言い表す。死者の記憶と残像の集積としての世界は、過去を再分配した「あるはずのない」時空間なのだから。

わたしたちは時間をモノとして扱う。映画のモンタージュ(編集)も同様だ。それは時間の「再分配」なのだ。映画は別の時空間で撮影したフッテージを統一した世界として提示する。転送先の時空間もまた、死者の記憶と残像(フッテージ)が編集され秩序だてられた(爆破が必ず起こるシナリオへ突き進む)もののはずだ。だが、この8分間の擬似「映画」の輪郭は次第にぼやけていく。そして開発者の想定した時間は、その外部へと逃れようとするのだ。

本作品は、この転送装置の脆弱さによって物語を巧みに複層化させ、時間についてわたしたちにさらなる思考を促す。スティーブンスは転送直後に腕時計で爆破までの時間(8分間)を知るためのタイマーを作動させるが、その作動タイミングが転送を重ねるごとに一定ではなくなる。つまり、8分間の制限(列車爆破までの時間)が曖昧に伸縮していくのだ。さらに奇妙なのは、彼が列車の外へ出られるということだ。列車爆破で犠牲になった人々から構築された8分間の記憶と残像では、列車の外をシミュレートすることは不可能なのではないか……。しかし本作品はそうした理解を越え出る。列車の外に出てその爆破を眺める彼は、別の方法で「死」を選択せねばならない。じつは、現実世界のスティーブンスはすでにヘリの墜落事故による脳死状態であった。彼もまた、宙吊りの時間のなかで彷徨っている犠牲者だったのだ。

『ミッション:8ミニッツ』は、「時間の外部へと逃れ出よ」とわたしたちの背中を押す。現実世界でのスティーブンスは、延命装置の停止によって時間の概念から解き放たれる。そして彼は列車爆破をプログラム内で阻止し、宙吊りの時間を再び動かしていく。つまり、死者たちがプログラム内で未来を生きはじめるのだ。8分間の枠から逃れ出て永遠の未来を掴んだ彼らの眼差しはいま、わたしたちのほうへ向けられている。映画の描く時間に馴致し、そして時間を有効かつ自在に扱ってきたわたしたちこそ、いまだ「過去」から逃れ出るすべを知らないでいるのだから。

中村紀彦(なかむら・のりひこ)
1991年生。映画・映像、アピチャッポン・ウィーラセタクン研究。神戸大学大学院人文学研究科博士後期課程在籍中。共著に『アピチャッポン・ウィーラセタクン:光と記憶のアーティスト』(フィルムアート社、2016年)。

【『ヱクリヲ』とは】
エクリヲ エクリヲ 批評家・佐々木敦の主宰する「映画美学校 批評家養成ギブス第三期」のメンバーを中心として、2014年11月に結成。映画・音楽・文学・美術といった領野を貫通する批評活動を展開している。現在は「ゲンロン 批評再生塾」や全国の若手研究者とも協働し、おもに20代の書き手を中心に雑誌やweb上で活動している。2017年11月28日には最新号『ヱクリヲ7』(「音楽批評のオルタナティヴ」「僕たちのジャンプ」特集)を上梓、全国書店やディスクユニオン等、約100店舗で発売中。

イメージ

『ミッション:8ミニッツ』
ブルーレイ(2,381円+税)、DVD(1,429円+税)発売中!デジタル配信中!
Source Code (C)2011 Vendôme International, LLC. All Rights Reserved. Artwork & Supplementary Materials (C)2011 Summit Entertainment, LLC. All Right Reserved.
http://www.disney.co.jp/studio/others/1129.html

関連タグ

この記事をシェア

  • tweetする
  • シェア
INDEX