ヒトは何をどう成し遂げてきたのか

ライオンのような力もなければ、魚のように水中で暮らすこともできない。もちろん、トリのように飛べるわけでもない。にもかかわらず、「ヒト」がこれだけの繁栄を築いてこれたのは、集団を形成する「ヨコのつながり」だけではなく、各世代の経験を知識として次世代へと伝える「タテのつながり」があったからに他なりません。
ここでは、そんな「ヒト」が成し遂げてきた偉業の数々を、プロセスに着目しながら読み解いていきます。

ヒトは何をどう成し遂げてきたのか#06エベレストはどう攻略されたか
イメージ「そこに山があるから」。なぜ山に登るのかに答えたこのあまりに有名な言葉は、イギリスのアルピニスト ジョージ・マロリーのものだ。彼が情熱をもって挑み続けついには命を落とした山、エベレスト。標高8848m、地上のすべてを見下ろす世界の屋根に人々はどう立ち向かい、いかにして攻略したのだろうか。
ヒトは何をどう成し遂げてきたのか#05深海探査
イメージ地球上に残された最後の秘境、深海。青くきらめく海は水深1000mを超えると、茫漠とした闇の世界へと一変する。深海にはいったい何があるのか。そして、人はなぜ、そこに惹かれるのか。深海探査の道筋をたどった。
ヒトは何をどう成し遂げてきたのか#04海を渡る
イメージ大西洋、太平洋、インド洋、北極海に南極海、お望みならそこに日本海を加えてもいい。現代の私たちにとって海は、世界地図の上で区切られ、名づけられた「範囲」だといえるだろう。しかし、人工衛星からの写真はおろか、まともな地図さえ持たなかった時代の船乗りにとって、それは、見るも恐ろしい「ひとかたまりの巨大な水」だった。はげしい嵐、日照り、座礁、食糧不足、病……。航海には常にさまざまな危険がつきまとった。人々はいかにしてそれを克服し、新たな「世界」を切り拓いたのだろうか。知られざる航海の歴史を追った。
ヒトは何をどう成し遂げてきたのか#03空を飛ぶ
イメージ大空を自由に飛び回りたい。それは、常に重力の支配を受けている私たちにとって、根源的とさえ言える欲望ではないだろうか。しかし、人類のこの無邪気な夢は、長い間、文字通り「夢」でしかなかった。空気より重い物体が宙に浮き、自由に飛行するなどということは、19世紀の人々にとってさえ、常識はずれの「たわ言」だったのである。ではなぜ、その「たわ言」が、20世紀の初頭に実現できたのか。そこには「常識」に挑み続けた男たちの人生があった。
ヒトは何をどう成し遂げてきたのか#02城はいかに「進化」してきたか
イメージ壮大な石垣に鎮座する天守閣。「城」と聞いて思い浮かべるのは、きっと、そんな光景だろう。しかしそれは、城という言葉が指し示すものの一部に過ぎない。城には時代や地域によって異なる役割があり、それに伴うカタチがあった。ここでは、そんな状況の変化に着目し、日本の城がたどってきた「進化」の過程に迫ってみたい。
ヒトは何をどう成し遂げてきたのか#01ピラミッドはどうつくられたか
イメージ紺碧の空に描かれた巨大な幾何学図形。人類の歴史上、空前絶後の建造物であるピラミッドは、その多くの謎とともに、各時代の人々を魅了してきた。21世紀を生きる私たちもまたしかり。一体ピラミッドとは何なのか。誰が、何のために、どうやってつくったのか。数千年にわたって繰り返されてきたであろうこの問いを、私たちもまた、この偉大なる「金字塔」にぶつけてみたい。

もっと見る