拝啓 あの日の自分

時代遅れのお酒として、国内では長らく販売が低迷していたウイスキー。
しかし近年、その需要は回復し、市場は活況を呈している。
そんななか、高品質で個性的なウイスキーを生産し、
ジャパニーズウイスキーを世界に誇れる存在に引き上げたのが、
埼玉県秩父市で「イチローズモルト」を生産する肥土伊知郎氏だ。
イチローズモルトはいかにして世に送りだされたのか。そしていま、どんな思いで
ウイスキーづくりを続けているのか。秩父蒸溜所でお話を伺った。

著者イメージ

肥土伊知郎(あくと・いちろう)

株式会社ベンチャーウイスキー代表取締役社長。 1965年、埼玉県秩父市生まれ。実家は江戸時代創業の蔵元、肥土本家。東京農大醸造学科卒業後、サントリー勤務を経て、父が経営する家業の造り酒屋入社。しかし、会社が2004年に他者に経営譲渡されたため、廃棄予定のウイスキー原酒を買い受け、ベンチャーウイスキー社を設立する。2008年2月、秩父蒸溜所が完成。2012年2月、自社で蒸溜した最初のモルトウイスキー「秩父 ザ・ファースト」はジャパニーズウイスキー・オブ・ザ・イヤー(米国の専門誌主催)を受賞した。

家業が人手に渡ってしまった頃の自分へ

どん底という意味では、やはり江戸時代から続いてきた家業が人手に渡ってしまった頃のこと。だけど、いま振り返ると、辛かったというよりも楽しい思い出のほうが大きいかな。なんとかウイスキーをビジネスにつなげようと、日が暮れたらバーに行き、カウンターで自分のウイスキーや夢を語る日々。バーは自分にとっての職場であり、癒しの空間だった。私が夢を語ると、バーテンダーさんや周りの人がそれを応援してくれる。それが大きなモチベーションになって、また次の店に行って同じことを繰り返す。そうしているうちに、最初は先が見えない状況だったのが、「もしかしたら」という自信につながり、やがて確信になっていった。
あの頃の自分にかける言葉があるとすれば、「それで間違っていないから全力で前に進め」と。そして「夢を広げていけ」と。 サイン

あなたも、あの日の自分へ手紙を書いてみませんか?

手紙を書く

投稿された手紙をみる

この記事をシェア

  • tweetする
  • シェア