拝啓 あの日の自分

あなたの「あの日」はいつですか。人生でいちばん泣いた、
いちばん嬉しかった、いちばん悩んだ、いちばん頑張った…、
そんなあの日に手紙を出すとしたら、いまのあなたは何を書きますか。
なぐさめ、警告、アドバイス、感謝。たとえ手紙は配達されなくても、
その言葉はきっと届きます。なぜって、「あの日の自分」は、
いまも、あなたの中にいるのですから。

著者イメージ

恩田 陸(おんだ・りく)

1964年、宮城県生まれ。
92年『六番目の小夜子』でデビュー。
2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞および第2回本屋大賞を受賞。
06年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞を受賞。
07年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞。
17年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、2017年本屋大賞を受賞。著書多数。

会社で働いていた頃の私へ

本を読む時間さえない毎日に疑問を感じながらも、
専業の作家でなんて、やっていけるわけがないと思っていた。
フリーになるのはたしかに大変だ。
仕事がもらえる確証はないし、自由すぎる時間がストレスになることもある。
でも、会社とは違って、自分がつくったものの責任を、
ぜんぶ自分で負うことができる。
書くことはいつも、苦しさと隣り合わせ。
この作品をちゃんと書き上げられるだろうか。その不安は、いまだって変わらない。
でも私は、のたうちながら、これからも書き続けるだろう。
それが私を育ててくれた、本への恩返しだから。 サイン

あなたも、あの日の自分へ手紙を書いてみませんか?

手紙を書く

投稿された手紙をみる

この記事をシェア

  • tweetする
  • シェア